なぜ自分がエンジニアになりたいかを今一度考える

プログラミング初心者

はじめに

 最近wantedlyを始めてみましたが、ウォンテッド・スコア上位者の方達の輝かしいプロフィールを見て世の中凄いやつは本当に凄いんだなと再実感したrabaです。凄い人達のことはともかく、今回は私がなぜエンジニアになりたいかについて改めて考えてみようと思います。

なぜエンジニアになりたいのか?

・最初はなんとなく始めた

 SIerに就職する予定だったけど、webエンジニアになりたい でも少し書きましたが、最初は、SEでもプログラミングを全くやったことないよりは少しでも慣れていたほうが良いだろうというなんとなくの気持ちで始めました。その中でrubyを選んだ理由もProgateでまず初心者はruby、HTML、CSSに触れるのがおすすめと書いてあったからで本当軽い気持ちで始めていました。

・やっていくうちに楽しくなった

ProgateでRubyやHTMLをやっていくうちに次第にどんどんプログラミングの世界にめり込んでいって、SIerでSEとして働くより断然楽しいんじゃないか?という思いが強くなりました。また、Progateではサンプルのアプリは作れてもオリジナリティのあるアプリは作ることが出来ないので、自分の力で何か新しいものを生み出したいという思いも強くなりました。

・次第にできることが増える喜び

また、Progate、Railsチュートリアルを通し、8月には1カ月かけ、メンターさんのお力を借りてですが、自分でアプリを制作したことに、プログラミングを全くやってこなかった私でもこれだけのことができるんだという喜びで一杯になり、これを仕事にして生きていきたいと本気で思いました。エンジニアは、やることやることが知らないことばかりで、新しい技術もどんどん入ってくるので常に勉強しないといけません。なので新しいことが好きな私にとってこれほどワクワクすることはないと思います。

どんなエンジニアになりたいか

 これは、今後一年間で私がどんなエンジニアになりたいかの話です。

・技術的なこと

技術的なことでいえば、Ruby、Railsをやっていることもあり、今はやはり、サーバーサイドエンジニアとして活躍したいです。しかし、一つの言語しかできないエンジニアでは、この先、生きていくのは不可能だと思うので、Ruby、Railsだけをずっと触れるのではなく、python、javasqript他にも言語ではないですがAWSやSQLなど新しいことにどんどん踏み込んでいけるエンジニアになりたいです。もちろん、新しいものにすぐ飛び込みすぎて、広く浅くの状態になることは絶対あってはいけないですが。そのためにも、今はRuby,Railsについてしっかり、理解し他の技術を理解する上での基盤にしたいです。

・技術的なこと以外

技術的なこと以外でいえば、ちゃんと自分の考えをもって伝えれるエンジニアになりたいです。例えば、質問を相手にするときも何も分かりません、これどうやったらいいですか?と、1から10まで教えてもらうのではなく、ここまでは自分で調べて分かったのですが、ここの部分はこうしたらいいんですかね?とある程度理解したうえで質問したほうが相手の時間をそこまで取らずに済むし、ある程度自分の中で理解しているので、教えてもらったことがすっと頭に入ります。逆に1から10を易しく教えられても、私の場合全てを理解できることは少ないです。しかし、何もわからず抱え込むという状態は良くないと思うのでそういう場合は分かりません!とすぐ伝えた方が良い気がします。また、ちゃんと考えをもって伝えれるエンジニアになるために、このようにブログやqiitaでのアウトプット、書籍や、人から聞いた参考になる話はメモしてインプットをこれからも続けていきたいです。

まとめ

今回は、私がなぜエンジニアになりたいのかという内容でした。来年から、webエンジニアとして働けるようこれからも全力で学び続けたいと思います!

タイトルとURLをコピーしました