上京の初期費用なめていてやらかした話

お金

はじめに

今回は、私が上京の初期費用舐めすぎてやらかした話をしようと思います。

計画性のない住宅選び

私は東京で4月から生活を始めるためネットで一人暮らしの家を探しました。家賃が5万くらいでできるだけ安く住んだらないいなあと思ってました。その6万円以下の物件を専門に取り扱っているという不動産屋さんを見つけたため実際に東京まで行きました。

この時は安い物件なら初期費用10万円くらいでまあどうにかなるやろ!とかなぜか思っていました。(しかも3月に払う想定)

実際に不動産屋に行って紹介してもらったのが家賃50000円の全部屋改装済みの綺麗な1Kマンションでした。治安も良さげでとても良いお部屋でした。この1月逃したらまじで良い物件なくなりますよ!(2,3月になると上京する人が増えるので、物件の値段は一気に上がるらしいです。)と担当の方の口車にものり、初期費用のことなどほとんど考えずそのまま審査の書類にサインしていました。(ただのアホですね😓、良い物件見つけたという興奮のせいでほとんど話も聞いていませんでした。)

やらかして全然眠れなかった夜行バス

意気揚々と審査書類にサインを済ませ、鎌倉と江ノ島を満喫した私は、また夜行バスに乗って岡山に帰りました。帰りのバスの中で東京で生活していくのに必要な費用はどれくらいかが急に気になり調べると、大体のサイトに30万円~50万円は必要と書いてあり驚愕しました。その中で賃貸契約に必要な費用がおよそ20万円弱かかると書いてあり完全にやらかしてしまったと思い恐怖で寝れませんでした。笑そもそも東京で一人暮らし無理やん!😨って思いましたね。

20万円のおおよその打ち訳がこちらになります(家賃50000円の家に住むと仮定して)

・家賃 50000円(前家賃もあるかも)

・敷金50000円

・礼金50000円

・仲介手数料50000円(不動産屋によっては無しにしてくれる場合もあります)

・鍵交換、火災保険 合わせて3万円ほど

合計18万~23万です。東京の賃貸に住むだけでどんだけかかるんだよって話ですよね。。(交渉次第では更に減らす事も可能ではあります)オリンピックの影響もあってかどんどん値段は高騰しているらしいです。

この他にも引越し費用とか入ってくると本当大変です。なので賃貸契約の場合、初期費用10万はほとんど不可能なのではないでしょうか。もし10万円以下で行けたとしてもかなり条件は悪いはずです。

泣く泣く賃貸を諦めたけど、、

結局私はそこの家に住むのはどうあがいても無理だなと思い泣く泣くキャンセルしました。担当の方が親身に接してくれて、13万円まで下げてもらうことはできましたが1月中に払わないといけないということでしたので貯金がほとんど無い私には厳しい話でした。

一人暮らしは初期費用の関係でダメになりましたが4月から東京で働くためには何がなんでも上京しないといけない。そこで考えたのがシェアハウスorルームシェアです。

こちらであれば、初期費用は大体家賃だけになります。(保証金をとるとこもある)キャンペーンで初月家賃無料のところもありますし、家具家電付き物件も結構あります。圧倒的に賃貸よりは初期費用を抑えることができます。デメリットとしては共同生活になるので常に人いるということですね。その状況が無理という方には厳しいかもしれません。また、どんな人が住んでいるかもわかりませんし。

私も正直ひとりでいるのが好きなタイプなので、シェアハウスの状況に耐えれるのかなと心配ではあります。まあでもドミトリーでなければプライベートは一応は守れますし、なんとかなるのではと思っています。😇(ドミトリーは2週間のリゾートバイトでしんどい思いをしましたw)今度またシェアハウス に内覧に行くのでその時感想を述べたいと思います。次でちゃんと住む家決めたい。。

まとめ

この失敗から言えるのは、わからないことに対して勢いで行動したりや楽観的過ぎない。前もって大体でいいからちゃんと調べる。これが大事だなと思います。

タイトルとURLをコピーしました