初めて、勉強会に参加したけどめちゃよかった話「もくもく会」

Webエンジニアへの道

はじめに

 7月の目標として、何かしらの勉強会に参加することに決めていた私は、香川県の高松市で行われたもくもく会に参加してきました。

 

今回は、初めてエンジニアの勉強会というものに参加してきてどうだったかについて記します。

もくもく会とは

 まず、私が参加したもくもく会の流れは、最初軽く自己紹介と、勉強会で何を行うかについて話します。その後は3,4時間ほど黙々と各自やりたいことをやって行きます。最後に取り組んだ内容がどういう結果になったかを各々話すといった感じでした。

5人参加者がいたのですが、私を含め大学生が3人も参加していたのは驚きでした。最初少し緊張していましたが、すぐ緊張はほぐれて、とてもフランクな感じでやりやすかったです。また、今回は私のようにプログラミング初心者の方がほとんどでした。

 

自分の勉強がはかどったかというと、そこははっきり言って微妙でしたが、(会場のすぐ横でゲーム開発の勉強会がありそっちの話が面白かったのでつい聞き入ってしまいました(笑))

誰かに自分の意見を伝える良い機会になったし、他の人の意見や考え方を聞くことができ、そういう考え方もあるのか!と知ることができてそこに関しては参加してよかったと思います。

 

勉強会後

勉強会が終わった後は、ゲーム開発の勉強会の人達と合同で、軽い懇親会(お遊び?)のようなものをしました。

 

内容としてはみんなでご飯食べて、ボードゲームをするというものです。

ボードゲーム好きの私としては最高でしたね。(笑)面白かったので夢中で遊んでました。私が今回遊んだボードゲームについてはまた別の機会に書きたいと思います。

 

話が逸れましたが、私は今回勉強会に参加して本当に良かったと思います。もくもく会なのでプログラミングの技術的な面において何かすごいことを知れた!ということは少ないですが、全く知らない人の考え方や意見を聞けるというのはやはり大きいと思います。

これは、大学のサークルや研究室といった狭いコミュニティだけでは決して味わうことの出来ない世界です。

 

参加者の中には、プロコン(プログラムコンテスト)に優勝した人とか、大学2年生なのにプログラミングを始めている人などいたので、自分ももっと頑張らなきゃなとやる気もさらに上がりました。

 

まとめ

 私のようにプログラミング初心者で勉強会に行くのに迷っているという方はぜひ参加したほうが良いと思います。最初は見ず知らずの人たちと喋るので少し緊張するかもしれませんが、全然固い感じではなく優しい人達が多いので、すぐ場に慣れます。

参加して損することはないでしょう。

私もこれからは月1回は絶対何かしらの勉強会に参加していきたいです。

おわり

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました