ボードゲーム『モノポリー』が熱い!

ボードゲーム

 

こんにちは、rabaです。今日は、先日友達と4人でやって大盛り上がりだったモノポリーについての面白さを語ろうと思います! 

 

 

<なぜモノポリーを買ったのか??>

私は、お金が大好きなので、お金の勉強ができる本がないかなって探した時、『金持ち父さん、貧乏父さん』(お金の勉強になり面白いのでお勧めします)という本を見つけました。その本を読んでいる中で、著者の方がモノポリーについて触れている点があり、お金の勉強になって尚且つ面白いなら買うしかねえ!と思い、近くの家電量販店で購入いたしました。(値段は2000円くらいでした)

<どんなところが面白いのか?>

このボードゲームの遊び方は単純です。ざっくり言うと、土地や鉄道を買い、家を建て、そこから収入を得て相手を破産に追い込んだら勝ちですそこで何といっても面白いのは交渉です。土地をただやみくもに得るだけでは、家を建てれません。土地には色があり、同じ色の土地を揃えなければ家を建てることは出来ないのです!なので自分が欲しい色の土地を持っているプレイヤーと交渉することになります。その交渉が本当に白熱します。どうしても欲しい土地があれば、土地のために全財産と交換しよう!という人がいたり、1位のプレイヤーを破産に押し込むためにプレイヤー同士で提携を結んだりと何でもありなのです!!

あと、お金が絡むゲームなので、プレイヤーの本当の性格が見えてきてその点でも面白いです(笑)(私は4人でしましたが6人まで可能らしいので人数が増えれば増えるほど交渉する機会も増えるのでより盛り上がると思います)

 

ぜひ、モノポリー買ってみて皆さんも楽しんでください! 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました